news

shop

collection

concept

blog

style

item

order

map

CONCEPT

2008年デザイナー橋本淳により設立。

コンセプトは【japanese classico】

イタリアでつちかった美意識を、日本人の「粋」の精神にもとづく
細やかな仕事により服を表現する。

余分な装飾を取り除き、形貌と機能性に意匠的関心を持たせ、
服そのものの美しさによって、外装だけでなく、本人の「実用的な美意識」を引き出すことを目的としている。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

junhashimoto Philosophy

“変わらぬもの”と“変わってゆくもの”。
そのあわいに立ちのぼる、日本の粋。

我が国の文化の本質は、
西洋ではアンビバレントと思われるものが
共存し、調和していることにある。

たとえば、

“きびしさ”と“やさしさ”、

“かたくなさ”と“しなやかさ”、

“変わらぬもの”と”変わってゆくもの”。

そう、そのあわいに立ちのぼるものこそが、
日本の粋なのである。

独創的美意識といえるだろう。ジュンハシモトの精神は、
それと分ちがたく結びついている。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

junhashimoto デザイナー 橋本淳

1992年、地元徳島のセレクトショップにてアメリカ古着からヨーロッパのインポート物までを仕入、販売。

1996年、レクレルール日本一号店にてバイヤーを務める。

2000年、バイイングを通じ親交のあったカルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー マウリッツォ・アルティエリに共感し、イタリアに渡る事を決意、単身イタリアに渡る。
カルペ ディエムを運営する会社にて初の外国人スタッフとし、営業・企画に携わりながら、服作りを学ぶ。

2003年、CARPE DIEM(CDIEM)の代理店を設立するため帰国。2004年、ショールーム「wjk」を設立。
秋冬からwjk の名前でオリジナルブランドを展開。

2005年、wjk 直営店を表参道に出店、同タイミングで名古屋/大阪にも出店。

2006年、wjk 全国に小型FC 展開。

2007年、wjkを離脱。

2008年、自身の名を冠した「junhashimoto(ジュンハシモト)」をスタート。

2011年、表参道ヒルズにフラッグシップショップをオープン。